日本の夏|金鳥蚊取り線香

投稿者: | 2017年7月8日

金鳥蚊取り線香

初夏に入ると殺虫剤CMが各社から見られます。案外、まじめに虫退治や効き目抜群なんて効果を前面に出したCMもあれば、何のCMなの?これ?っていうCMも。どちらかと言えば、後者の方が好きです。

蚊取り線香ならお高いけど、香りが良い金鳥の蚊取り線香がお気に入りです。火を付けると「夏がきたなぁ」って。今は薔薇の香りとか色んな商品が出ていますが、プレーンというか昔ながらの蚊取り線香が良い。

箱モノを買ってフタを開けるとアルミの受け皿が。

 

金鳥蚊取り線香

金鳥って書いてあります。

金鳥蚊取り線香

線香立ても付いています。湿気の多い日とか、線香をボキッ!って折ってしまうことも(泣。

 

金鳥蚊取り線香

受け皿には線香立ても付いています。缶タイプだと受け皿に直接置けるから便利。箱タイプは直接置くことはできなさそう。
金鳥系のCMで好きだったのが、金鳥ラジオ小説。大滝秀治さんと岸部一徳さんの役どころの会話が素晴らしい。「ふらふら」「父子水」。

味のある役者さんが殺虫剤を挟んで、しみじみとした話芸が聴きたいなぁと思ったりします。


金鳥ラジオ小説「父子水」


水性キンチョールCM

【PR】

========ブログランキング==========
ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ブログ作成の励みになります。よろしくお願いします。