伊勢限定というより関西土産な赤福

投稿者: | 2016年11月24日

赤福,伊勢,どこででも買える,土産

ワザワザそこへ行かなくても買える土産が近くで買えると「名物」とか「特別」という印象は薄れるけど「身近に買える」親近感は湧きますね。それにお持たせにしても「あら~お出かけですか?」って言われることもなさそう。それぐらい、関西圏では馴染みのある土産だと。食べたい時に近くで買って食べられるのは嬉しいですね。

赤福,伊勢,どこででも買える,土産

阪和道の岸和田サービスエリアで買った「赤福」。サービスエリアに「赤福売ってます」のノボリが並んでいても違和感全く無かった大阪人です(爆。「あっ、ここでも買えるやん♪」ってな感じ。お持たせ品や家族への土産に困ったら、つい手に取っています。

馴染みの無い方なら「伊勢土産なのに何故に大阪で」というツッコミもネタの尽きた会話のキッカケになるのではと。過去、問題のあった赤福ですが、真面目にV字復活したように思えます。

赤福,伊勢,どこででも買える,土産

赤福の何が良いかといえば、変わりないパッケージとみずみずしい餡と柔らかい触感のお餅。一個づつ綺麗に取ろうとすると、コツが要るようで結果、原型を留めないグダグダさもまた良い。上手く取ろうと集中してしまう私です(爆。

 


スポンサーリンク